徒然なるままに日暮し

零細自営業の覚書

『事業開始等申告書』の作成 開業時の提出書類3

個人事業主となる際は、開業届所得税の青色申告承認申請書を所轄の税務署に、『事業開始等申告書』都道府県税事務所に提出する。

今回は、都道府県税務署に提出する『事業開始等申告書(個人事業税)』の記載方法を紹介する。

行政機関へ提出する書類はこれで最後。

この『事業開始等申告書』は失念しやすいので、『開業届』と一緒に作成するのをお勧めする。

記載事項は『開業届』とほぼ同じだ。

書類は各都道府県によって違うが、HPからダウンロード出来る所がほとんどなので、住所地の都道府県税事務所を検索してみるとよい。

この記事では東京都の様式を事例としてあげる。

『事業開始等申告書(個人事業税)』簡単、記載ポイント

様式は下記に載げる。

『開業届』の記載と同じ事項ばかりなので、一緒に作成すると楽だ。

www.kameneko.work

f:id:kameneko9:20190326084510j:image

①所在地

自宅で開業する場合は自宅住所を記載。

事務所や店舗を、自宅以外に構える個人事業主(自営業主)は、事務所住所地を記載する。

②屋号

ここでも「屋号」の記載が求められる様に、屋号は大事。

繰り返すが、屋号とは、個人事業主としての店名・氏名だ

事業を始めるからには、決めておきたい。

事業内容が分かるものにすれば、屋号を伝えるだけで、何の事業を行なってるのか紹介出来る。職種の説明をする手間が省ける。名刺を作る際には、効果的。

例えば

龜寝子美容室・龜寝子パン・龜寝子法律事務所

文字も、ひらがな・カタカナ・漢字・数字が使える。

ブログやHPを持っている人は、「ドメイン名」にすると言うのもあり。

法人設立した人は、龜寝子会社や龜寝子法人等の屋号もOK。

法人設立とは、法務局に登記する場合の事。登記によって法人格となり、使用可能になる。

③事業の種類

『開業届』での「事業の概要」と同じ様に記載する。

ブログや動画でのアフェリエイト ならネットビジネスや広告業。

業種によって「事業税率」が定められている。東京都主税局のHPを参考までに貼っておく。

<個人事業税> | 東京都主税局

 各自、住所地の都道府県税務署にて確認しよう。

所得金額が290万円以下であれば、個人事業税は課税されない。

これは事業主控除が290万円だからだ。覚えておきたい。

注意点は、許認可が必要な業種もあるという事だ。

例えば、飲食業やパン屋は保健所に届出が必要だ。

オークションでの売買を考えているなら古物商として警察へ届ける。

住所地の都道府県が管轄している。

ネットで検索出来るので確認し、許認可が必要であれば、管轄する行政官庁窓口で書類を貰い、作成・提出後、審査を受ける。審査期間も訊いておこう。

④事業主住所

自分の住所を記載する。

①の事業所所在地と同じであれば、「同上」と記載する。

⑤氏名

ペンネームなどではなく、本名を記載する。

⑥開始・廃止・変更等の年月日

開業日を記載する。

この様に「開業日」は事業を行う上で重要なので、しっかりと考えて決めたい。

自分にとって「縁起の良い日」というのもゲンを担いで決める人もいる。

折角個人事業主となるのだから、大切に決めたい。

⑦事由等

「開始」に◯。

⑧法人設立

②の屋号の欄でも触れたが、法人登記をして法人設立をした人が記載する欄。

⑨提出日とサイン

『事業開始等申告書』提出日を記載する。

都道府県税務署によって提出期限は異なるので、自分の住所地所轄の都道府県税務署に確認しよう。

何れにしても、「開業日」から速やかに提出する。

氏名を記載し、押印する。

押印は認印でOKだが、印鑑を作った場合は、『開業届』と同じ印鑑で押印する。

個人事業主となると、色々な場面で押印する事が多い。

プライベートと区別する為に印鑑を作っておきたい。

印鑑を作ると、「やる気」やテンションが上がるという効果もある。

都道府県税務署名

事業所住所を所轄する都道府県税務署名を記載する。

都道府県税務署のHPで調べられる。

【スポンサーリンク】

本日のまとめ

『事業開始等申告書』を都道府県税務署に提出する。

提出期限は、各都道府県税務署で異なるが、速やかに提出したい。

『開業届』の記載内容と同じ事項ばかりなので、『開業届』とセットで作成すると楽だ。

事業内容によって税率は異なるが、年間所得が290万円以下であれば、個人事業税は課税されない。

3年間であれば、赤字の繰越控除も出来るので、頭に入れておきたい。

個人事業を始めるにあたって、必ず提出する書類は3つ。

『開業届』『所得税青色申告承認申請書』と『事業開始等申告書(個人事業税)』。

3つの書類は、記載内容は同じなので、セットで作成し、それぞれの提出先に速やかに提出したい。

これで個人事業のスタートだ。

3匹で寄り添って寝ている猫「三にゃん揃って」と幸せそうな姿